売却先行と購入先行の違い

売却先行と購入先行の違い

マンションの売却代金で新居購入を検討する場合、売却と購入のどちらを先行させるのか、計画を立てることが大切です。
売却が先行の場合、売却代金が明確になると同時に購入資金が明確になるなどのメリットがありますが、引渡しの期日までに購入ができない場合、仮住まいをすることになります。
購入が先行の場合、未完成の物件を購入できるなどのメリットがありますが、売却がスムーズに進まない場合、ローンが重なる可能性があり、価格を下げて販売するなどの対策が必要です。
不動産会社では、どちらを先行させるのが適正か、計画の進め方も含めて相談にのってもらうことができます。
売却・購入がスムーズに進まない場合を考慮し、早い段階で実際に査定してみましょう。