学生時代に作ったはんこ

学生時代に作ったはんこ

自分が中学生のとき、卒業記念にはんこを手作りしました。立方体の石が生徒一人ひとりに配られ、それを先のとがったニードルで削って作ったものでした。多くの生徒ははんこ自体の形にこだわりを持って製作に取り組んでいましたが、自分ははんこの文字にこだわり、作成しました。
昔風の難しい漢字を使って自分のフルネームを彫りました。出来上がったはんこを実際に使用してみると、想像以上に味のある文字が紙に押されました。出来上がりには非常に満足しています。実はこのはんこ、今でも使用しています。
自分はフリーランスの仕事をしていますが、クライアントに書類を渡すことがあります。そしてそれを自分が処理したことを示すために、書類にはんこを押すことを習慣としています。はんこを押すことは決まりではなく、自分が勝手に行っていることです。しかしはんこの文字が非常に渋いためにクライアントの中には仕事用に特別に作ったはんこだと思い、褒めてくれる人もいます。遠い昔に作ったはんこですが、今大活躍しています。

 

※実印を作る際は自作ではなく専門のはんこ屋さんに頼むのが良いでしょう。
実印作成

 

実印にふさわしい印材を選ぶのがコツです。